オルニチンサイクルってなに?

尿素サイクルや尿素回路とも呼ばれるオルニチン回路について詳しく紹介しています。

肝臓の代謝経路の一つです!

肝臓は生体の化学工場とも言われるほど、多彩な反応が行われています。

代表的なものに、エネルギー(ATP)の産生に深く関わる「TCAサイクル」、ブドウ糖を合成する経路である「糖新生」などがあり、そしてアンモニアを解毒する「オルニチンサイクル」が存在します。

そして、オルニチンサイクルの活性化は、アンモニアの解毒を促進させるだけでなく、アンモニアを減らすことでTCAサイクルと糖新生の代謝をスムーズにして、エネルギー産生のサポートに繋がると考えらえます。

その為、オルニチンは、肝機能を改善し、疲労回復を促進させるアミノ酸として知られているのです。

オルニチンサイクルとは?

アンモニアの増加は、エネルギーの産生を阻害し、疲労の元にもなるとも言われていますが、このアンモニアを分解するのがオルニチンサイクルです。

オルニチンサイクルは、尿素回路(尿素サイクル)とも呼ばれる、肝細胞内に備わっている尿素を合成する代謝回路です。

具体的には、有毒なアンモニアが発生すると、肝臓内のオルニチンと反応し、無毒な尿素へと変換されます。

尿素を産生した後、オルニチンは肝臓で再生されて再び、回路に入ります。

オルニチンサイクルの役割は、アンモニアの解毒だけではありません。

細胞のミトコンドリア内にあるTCAサイクルは、私たちの生活に必要なエネルギーの産生に関わる回路です。

しかし、アンモニアが発生すると、このTCAサイクルが阻害されてしまいます。
また、アンモニアがミトコンドリア内の酸化還元バランスを崩すことで、エネルギー産生の為の環境を悪化させる事が明らかになっています。

オルニチンにはアンモニアの分解を促進する働きがありますので、エネルギー産生の障害を解消して、エネルギーの産生にも大きく貢献しています。

沈黙の臓器を守る存在!

肝臓には痛みを感じる神経がありませんので、実際ダメージを負っていても自覚症状がなく、それゆえに「沈黙の臓器」とも呼ばれています。

特に、現代人は肝臓をかなり酷使していると言われていますので、日々受けているダメージをしっかり解消することが大切です。

具体的には、しじみなどのオルニチンを含む食品をしっかり摂取したり、オルニチンサプリメントを摂取するなど、日頃から肝臓の健康に大事です。

オルニチンのワンポイント

肝臓に存在しているオルニチンサイクルという機能は、有害なアンモニアを無毒な尿素に変換する重要なサイクルです。

「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓を守ることは、健康維持に欠かせない要因の1つです。

スポンサーリンク
ページのトップへ戻る