二日酔いの原因を知ろう。

二日酔いを予防し、上手に解消するためにも、まずは二日酔いが起こるシステムを学びましょう。

二日酔いの原因とは?

アルコールへの耐性は、人によって異なりますが、基本的には十分な量を飲めば誰でも頭痛、下痢、吐き気、倦怠感、震えといった症状を招きます。

これは、お酒などのアルコール飲料を、自身のアルコール代謝能力以上に摂取することにより引き起こされる不快な身体的状態で、脳が麻痺した状態です。

二日酔いは、血中のアセトアルデヒド値の上昇が原因の1つと考えられてきましたが、近年の研究では、アセトアルデヒドが直接の原因ではないと考えられおり、明確なメカニズムはいまだ判明していません。

お酒(アルコール)を飲んだ翌日に、頭痛が起こるいった状況は、多くの方が経験済みではないでしょか。

お酒を飲んで起こる頭痛の原因としては、下記の3つの要因が考えられています。

  1. アルコールが招く脱水作用によって引き起こされるもの
  2. アセトアルデヒドによるもの
  3. 低血糖によるもの

①アルコールを肝臓で代謝する際に、大量の水分が消費されますので、髄液中の水分も失われて低圧状態になり, その結果, 脳周囲の神経や筋肉が刺激を受けてそれを頭痛と感じてしまいます。

②毒性のあるアセトアルデヒドを中和するために、酸素を多く取り入れようとしますが、これによって血管が拡張されてしまいますので、周囲の神経組織が刺激されて頭痛として感じてしまいます。

③アルコールの代謝には大量の糖分も消費され、低血糖を招いてしまいます。
特に、脳は糖分を主なエネルギー源としていますので、低血糖状態が続くと頭痛を引き起こしてしまうのです。

二日酔いになってしまっては、特効薬がありません。
つまり、二日酔い対策には、予防することが何よりも大切なのです。

まずは、オルニチンを飲酒前・飲酒後にしっかり摂取するように心がけて、肝臓の機能を維持しましょう。

また、空腹時に飲酒しないように、お酒の飲む前に何かを食べて、胃や肝臓に負担をかけない工夫をしたり、お酒を飲んでいる間にも、しっかりと水分補給を行い、アルコール濃度を下げる事も大切です。

カフェインとの同時摂取に要注意!

カフェインとアルコールを同時に摂取するとアルコール耐性が強くなってしまいます。

最近話題となっているエナジードリンクの登場によって、お酒と割って飲む方が多くなっていますが、急性アルコール中毒を招くリスクが高まりますので、注意して下さい。

スポンサーリンク
ページのトップへ戻る